teeth

歯周病患者の増加

歯科医院でよく相談されるケース

近年では、歯科医院で歯周病治療の相談をされるケースが増えています。そもそも歯周病は、歯周病菌に感染することで歯肉の腫れ、出血、歯が抜けてしまう疾患のことです。成人の約80パーセント以上の人がかかっているといわれ、日本の国民病ともいてます。 この歯周病を放置すると、一般的に知られていませんが心筋梗塞を引き起こします。というのは、歯周病菌が血液を通じて、心臓に酸素を送る冠状血管の壁に付いて狭窄を引き起こすからです。その他にも、糖尿病、脳梗塞、敗血症、消化器官系の疾患などの恐ろしい病気を引き起こす可能性があります。よって、歯周病だと認識したら、悪化する前にすぐに歯科医院での治療を受ける必要があります。

歯周病になりやすい人とは

歯科医院では歯周病の治療に重きを置いていますが、この疾患になりやすい人はいくつかの特徴があります。まずは、歯並びが悪い人です。というのは、歯並びが悪いせいで、歯磨きできちんと歯を磨けない恐れがあるからです。よって、歯の隙間にプラークが付着しやすく、炎症が起こりやすくなります。 その他にも、口呼吸が癖になっている人も歯周病になる可能性があります。なぜなら、口呼吸は口の中が乾燥しやすいので、歯周ポケットにプラークが付着しやすい環境になるからです。 その他にも、タバコをよく吸う人も歯周病になりやすいです。タバコを一本でも吸うと、血管を収縮させて血行を悪くさせるからです。そうすると、歯周病菌に対する抵抗力がなくなってしまうので、歯周病になりやすくなります。このような症状に当てはまる人は、定期的に歯科医院で検診を受けたほうが良いです。