teeth

白くて清潔な歯を

歯を白くするホワイトニングの仕組み

最近では、歯の見た目を美しくするために、歯科医院でホワイトニングを受ける方が多くいます。このホワイトニングとは、黄ばんだ歯にホワイトニング剤を塗布することで白くすることができます。 歯科医院で行われるホワイトニングの詳しい仕組みを説明すると、まず歯の表面にホワイトニング剤を塗っていきます。そして、塗ったホワイトニング剤に光を当てて熱を加えます。そうすると、ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素が酸素と水に分解され、その酸素が歯の汚れと結びつきます。その結果、歯がきれいになります。 また、分解して生成された酸素は、歯の内側にある象牙質の色をごまかす為にエナメル質の表面にマスキングをかける作用もあります。よって、歯を白くすることができます。

ホワイトニングを受けられない人

歯科医院で行われるホワイトニングは、すべての方が受けられる施術ではないです。この施術を受けられない人の特徴は、まず虫歯がある場合です。虫歯の他にも、冷たいもので歯がしみたり、歯周病がある場合は、ホワイトニングで痛みが出ることがあるからです。なので、虫歯や歯周病がある場合は、ホワイトニングをする前に治療する必要があります。 その他の、歯科医院でホワイトニングを受けられない人は、自分の歯でない場合です。ホワイトニングでは、入れ歯や差し歯、セラミックなどの人工の歯に施術を行っても、歯を白くすることはできないです。なので、もしも人工の歯をどうしても白くしたいなら、その歯自体を取り替えるなどの処置が有効です。